MENU
 

流産と出産の手術患者と看護師の記録

入院の経験は、流産の手術と出産の時だけです。
流産の手術は全身麻酔でした。初めての全身麻酔はどんな感じなんだろうと
不安でしたが、「1、2、3…」そしてトントンと肩を叩かれて名前を呼ばれた時には
もうすでに手術は終わっていました。
術後は痛みもありましたが、麻酔でぼーっとしてるのと、流産の悲しみで
泣いてばかりいました。

 

その後赤ちゃん授かり主産の時に入院したのですが、高血圧で早めに
入院しました。
高血圧だったのでいろんな制約がありました。
真っ先にテレビカードを買ったものの先生から「テレビ禁止令」が出て
リモコン没収。カードは結局使わず。
1000円で買ったのに、払い戻しは950円に。50円の損でした。

 

高血圧だったので食事は減塩メニューでした。
これが、ヤバいほど、味気なくて美味しくない。
かわいそうに思って母がお刺身や焼き鳥やスープなど
いろいろ差し入れしてくれました。
母と一緒にカーテンを閉めて隠れて食べている時に、
そんな時に限って看護婦さんが入って来たりして、
怒られたりしました。

 

一日中寝てるから夜は眠りにくいし、美味しいものは食べられないし、
出来るならば入院ってしたくないですよね。

関連ページ

精神疾患の仕事での患者
精神疾患患者さんの入院について
7回の入院経験
7回の入院経験から実際の看護師のライフスタイルをか今いることができます。
胆石 手術
胆石の手術についての実話と経験談。